初めての方へ

初めての方へ

 

 

はじめまして。ノマド兼・漫画家志望の「しらたき」と言います。

 

高校時代に漫画家になるのが夢だったのですが、
もろもろの事情から広告収入を主体とするノマドワーカーに19歳でなりました。

 

 

漫画家になることは現在夢でもなんでもないのですが、
自分の考える漫画自体は世に出したいと考えています。

 

そのため現在は、

「自分の漫画を出版する」という目標をぼちぼち追いながら、
旅行や映画鑑賞。温泉巡りなどをして楽しく暮らしているところです。

 

サラリーマンなどと比べると、
相当に楽な生活を送っていることになりますが、

 

まずはこの言葉。

 

 

 

ノマドワーカーってなんなの?

 

 

 

と思われる方もいらっしゃると思うんです。
なので、簡単に説明しておきます。

 

 

ノマドワーカーというのは、
------------------------------------
会社ではなく、喫茶店や旅行先などで
パソコンやタブレット端末などを使って仕事をする人
------------------------------------

 

のことをいいます。

 

 

一般的に会社で仕事するのとどう違うのかというと、

 

まず、朝早起きする必要がありません。
出勤時間などがないため、自由に仕事したいときに仕事ができます。

 

 

そのため「1週間仕事はやめて、草津に温泉旅行したい!」
と思ったら、その日からすぐ旅行にいけます。

 

 

今日は仕事にするか? 休みをとるか?

 

時間を自由に選べるのがノマドワーカーの特権です。

 

 

「でも、休んでばっかじゃお金なくなっちゃうじゃん。」

という意見が来そうですが、
それはありえません。

 

ぶっちゃけた話。
たとえ旅行中だろうと、
遊んでいようと、

 

 

その間もお金は稼げているのです。
(稼げていると言うと、ちょっと嫌らしく聞こえてしまいますね。汗)

 

分かりやすく言えば、
自動販売機をインターネット上に沢山所有している状態なんです。

 

 

自動販売機って、ジュースを製造して、販売機を設置すると、
お客さんが勝手にお金を払ってくれますよね?

 

 

この時、自動販売機を作った人は
カラオケでAKB48のヘビーローテーションを熱唱しているかもしれません。

 

でもそんなのに関係なく自動販売機は、自動でお金を稼いでくれます。

 

 

この自動販売機と全く同じ原理をネットで作るのが、
ノマドワーカーのお仕事です。

 

自動販売機の役割をしてくれるのが、サイトやブログ。
などから成る広告収入になります。
(それについてはおいおい詳しく説明していきます。)

 

とりあえず、
自動的に人を集め、お金を稼いでくれる自動販売機を
ネットに複数設置させることで、
私はいつでも休みを取ることが可能になるわけなんです。

 

だから私は定時に会社や学校に行ったりする必要がないのです。

 

 

 

そしてノマドワーカーが会社員と違うポイントとして、
もう一個、「稼ぐ額が自由」というのがあります。

 

 

会社に勤めていれば、月給は固定されます。
平社員から課長等に昇進しない限り大きな変化はないでしょう。

 

 

 

中には副業禁止!なんて会社も普通にあります。
しかしノマドワーカーはその自動販売機をインターネット上に
無限に作っていいので

 

月にいくら稼いじゃダメ!

 

なんて限界はありません。

 

 

会社に就職したり、時給うんぬんで朝から晩まで働かなくても、
課長レベルの月給を稼ぐこともできてしまいます。

 

 

仕組みの原理は簡単です。

 

日本国内のうち、
東京都だけに自動販売機を所有するのか?
それとも日本全国47都道府県に自動販売機を所有するのか?


数が多ければ稼げる額も大きくなる。

ただそれだけのことなのです。



 

 

 

 

 

 

 

私の普段の生活は上のマンガに描いてある通りです。

 

 

温泉入りに行って、寝風呂で夜空ながめて寝たり、
一日に映画館で映画を3本見たり、
時には旅行先でバンジージャンプを体験してみたり、

 

 

とにかく会社に束縛されずに、
楽しく過ごしています。

 

 

 

でも、どこから収入が入るの?

 

 

基本的には広告主さんからの手数料で収入が成り立っています。
で、その収入を自動で作り出してくれるのはサイトや動画などを使った「媒体」です。

 

(広告のことは一般的にアフィリエイトと言われていますね。)

 

 

これに関しての具体的な収入は言えないんですが(税務署が怖いので)
普通に生活できて、月に3回〜4回旅行ができるぐらいのリッチさですかね。

 

でも一ヶ月の労働時間は、
1週間くらいでしょうか?

 

 

あと、私はいずれ、自分のマンガを世に出したいという夢があるので、
その原案をちょこちょこ書いていたりします。

 

 

こんな具合に楽(ラク)しながら夢を追っている状態です。
それも広告収入を自動化しているからこそできる芸当になります。
(っていっても、ちょっと頑張れば誰でもできる話ではあります。)

 

 

しかし、どうでしょう。

 

 

私の生活観を聞いてみて、
「そんな楽した生活送りやがって」
なんて思われますか?

 

でも、私はこういったノマドワーカーが今の日本に、
特に必要だと感じています。

 

だって、

 

「会社で働くのが辛い…。」とか

 

 

働き過ぎて鬱病になり「自殺しよ…」なんて、言いだす世の中。
真面目に働いた者がバカを見る世界です。

 

調べてみたら、日本の年間自殺者は3万人を越えています。

 

そんなストレス社会だからこそ、会社に勤めるのが嫌なら
ノマドになるための勉強をしてノマドになってしまった方が賢明です。

 

 

なんせノマドはストレスフリーなのです。
つまらない仕事をしすぎて死ぬよりは断然良いでしょう。

 

 

 

でも、それ以外にもう一つ。
日本の人がノマドワーカーになってほしい理由があります。
その理由というのが、日本には「夢追い人が多すぎる」からです。

 

 

私は高校1年生の頃に、とある漫画の専門学校に在籍していました。
(以外と有名なところなので、名前は伏せます。)


問題なのがその専門学校に在籍している生徒のほとんどが
就職した社会人」なのです。

 

 

つまり、学歴を積み頑張って社会人になっても、
小さい頃から抱いていた夢・マンガ家になりたいとみんな思ってるわけです。

 

 

 

でも、みんななれなかった。

 

理由は簡単

 

 

時間が足りないからです。』

 

 

会社に行っている以外の時間でマンガを描くなんて無理難題なのです。
会社から帰って疲れ切った体で徹夜してマンガ描く気力なんてありません。

 

だからみんな専門学校を辞めていきました。
会社との両立ができないから。

 

 

でもイギリスならばこんなことはありえません。
例えニートであっても、イギリスなら生活保護を受けながら、
小説家を目指す。そんなことができます。

 

 

有名なところでは、ハリーポッターを書いている
「J・K・ローリング」さんも
生活保護を受けながらハリーポッターを書いていました。

 

でも日本だとそんな制度はないし、
ましてや生活保護を受けたら恥知らずと罵られます。

 

 

このデータを見ても日本がどれだけ辛い状況でも、
生活保護になんて頼っちゃいけない!

 

と、忍耐を重視する国なのかがわかりますね。

 

でもはっきり言って日本のこの意識は危険です。

 

 

「耐えるのが普通でしょ?苦痛を耐えてこそ大人だよね?」
「今は辛いけど、きっと未来は明るいよ!頑張ろう!」

 

こんなことを平気で言えるこの国の常識では、
鬱病になってもなんらおかしくないとすら言えてしまいます。

 

 

だから、広告収入など自分の時間を阻害されず、
ある程度の収入を確保しながら、

 

自分の夢を追っていくノマドワーカーというライフスタイルこそ、
日本人が目指すべきスタイルだと思うのです。

 

 

 

私自身が漫画家を夢みて頑張っていた夢追い人だったからわかります。
社会人になっても夢を捨てきれない人なんてゴロゴロいる。

 

 

今、考えたら結構生々しい現実ですが、
もうそろそろ良いんじゃないでしょうか?

 

 

そういう夢追い人が夢を達成できる時代が来ても。

 

 

「自分にとって、どうでもいい会社に勤めてつまらない代わりに、安定に生きるか。」
「自分のなりたい夢を叶えるために茨の道を進むか。」

 

そんな2択に誰も悩みたくないですよ。
誰だって夢の1つや2つは抱いて生きていたいものです。

 

 

「夢を叶えるため」にノマドワーカーとしてその時間を作る。

 

 

それも、旅行とか友達と遊んだりして、
楽(ラク)して夢を追っても別にいいじゃないですか

 

 

そろそろそうなってもいいだろ。

 

 

私はこう思ってるんです。

 

ノマドワーカーとして広告収入を築き、いつでも自分の漫画を世に出すことができる
そんな状態だからこそ、実践的な部分もお伝えできます。

 

 

是非、楽(ラク)な状態で漫画を出版する!という夢を
現実のものにしてみてください。

 

 

 

 

まずは、こちらの情報から見ていくことをお勧めします。

 

初めての方専用コーナー

 

まずこの3記事を読めば、ノマド漫画家になるための大体の流れが把握できます。

 

広告収入(アフィリエイト)とはなんなのか?

 

 

夢を叶えることと、広告収入を得ることは繋がるの?

 

 

あなたが一番最初にやるべきことについて

 

 

 

母が死んで漫画家志望の夢は叶いそうになる物語

 

広告収入を利用した 【 ノマド漫画家 】
というライフスタイルを私が導き出すまで、
物語調にまとめてみました。全て実話、ノンフィクションになります。

 

 

よければお読みください。

 

→第1章: 漫画家に俺はなる!

 

→第2章: 母が死んだ 17歳のあの夏

 

→第3章: 詐欺で2万円消える。その後、100万円消える。

 

→第4章: 「就職」or「夢を追う」以外の新しい進路
「 ノマド漫画家 」


 
トップページ 初めて訪問された方へ ご意見・質問