アパマンショップで事務所(アパート)を借りたけどサービス悪すぎwww

アパマンショップで事務所(アパート)を借りたけどサービス悪すぎwww

 

 

 

どうも、しらたきです。

 

昨日の記事で、19歳で事務所を作って仕事のために集中しているっていうのに、
反響を頂きました。

 

 

うれしいことですが、そんなに驚きですか?

 

不動産屋に行って1時間くらい物件みて、
下見してちょっと書類書けばもう事務所です。

 

(もちろん机と椅子、パソコンをそこに置かないといけませんが。)

 

 

事務所というと大げさに聞こえるかもしれませんが、
ただアパートを借りて、そこは仕事するための場所
と決めているだけのことですから案外誰でもできますよ。

 

 

 

あ、でもアパマンショップだけはやめた方がいいかもしれないですね。

 

 

私が事務所を作る時に借りた1Kのアパートですが、
それを対応していた新入社員みたいな女性にとてもイライラさせられたんです。

 

 

今日は、その時のエピソードを話そうと思います。

 

 

アパマンショップとは、アパートやマンションなどの賃貸を紹介する不動産会社のことです。
(まぁ、知ってますよね。)

 

 

そのアパマンショップに来店して、
一番安そうで狭いアパートはないか。ということで、
話が始まりました。

 

その際に私は未成年なため、アパートの保証人として父親にも同行してもらってます。

 

 

1時間待って、ようやく条件に見合った物件が出てきました。

 

パソコンあるのに、なぜ書類を探してるの?って疑問がありましたけど、
とりあえず、その物件が近かったため案内してもらうことにしました。

 

 

その時に担当したのが新入社員らしき女性。

 

 

「車でお送りしますか?」

 

と女性社員が親切な事を言ってきて、最初は「おお!良いサービスじゃん!」
そう思ったのですが、結局その後、家に帰るんだから自転車で行きます。
と伝えると私と父は自転車。女性は車で物件の原理に集合することになりました。

 

 

しかし、最初親切だと思った女性ですが、
物件に到着してみると女性の行動にとても違和感を覚え出します。

 

 

物件の鍵を開けると、埃の匂いがしてきて、
あきらかに半年以上手を加えていない物件だということがわかりました。

 

 

それを知ったからか、
女性社員はアポートの中に入ろうとしないのです。

 

 

私と父親は裸足で埃まみれの物件に入ることになり、
アパートの案内は玄関から喋る、という状態になりました。
(いまどき、モデルルームの見学でもこんなことはありません。)

 

 

私が、
「この鉄パイプはなんですか?なんで窓に置いてあるんですか?」
と聞くと、

 

 

女性社員さあ〜。業者が忘れたんでしょうかね。

 

という回答。

 

 

私「はあ・・・。(いや、知らないよ!というかどけてよ!)」
そんな私の心の声は届かず、
案内が終了するまで女性は物件には足を踏み入れませんでした。

 

 

というか、女性が早く物件から離れたい感が伝わって来たので、
私と父はそそくさと、「ここにします。」と言って物件から離れました。

 

(家に近い物件はここしかなかったため、ここに決まりました。)

 

 

それと物件をみてから疑問に思ったことを聞きます。

 

 

私「あの〜清掃済みって書いてありましたけど、あれってまた掃除してくれるんですか?」

 

埃まみれなのに、清掃済みって書いてあるんです。汗
意味不明です。涙

 

 

 

女性社員「さあ〜。多分掃除してくれますよ!大丈夫!」

 

私「えぇ・・・(全然ダメだ。早くこいつなんとかしないと・・・。)」

 

 

 

まるで話になりません。

 

 

ですが、この後の女性の言動の前に、
このシーンは前座に過ぎませんでした。

 

 

私「じゃあ、ここにしますよ・・・。(というかここしかありませんし。」

 

父「まぁ意外といいところじゃないか!(そうでもないけど。)」

 

 

女性社員「それでは正式な書類を書きにアパマン事務所に戻りましょうか!」

 

 

私&父「え!?」

 

 

女性社員「いや、だから書類を書かないと買えませんからね。」

 

私「それは分かりますけど、自転車で来てるんですけどここまで!」

 

 

女性「なので、私の乗ってきた車で行きましょう!」

 

 

私「え、じゃあもう一回ここ(自転車を置いてある場所)まで車で来てもらえるんですか?」

 

女性「え、そ、それはちょっと(笑)」

 

 

 

私「はぁあ??????(じゃあ、なんで物件に来る前にそれ言わないの!?)」

 

 

 

心底呆れました。

 

これがあの有名な『アンパンマン』とよく間違われる不動産会社ですか?
事務所を作ること自体は簡単ですが、
不動産会社だけはレビューなどを見てから決めた方がいいという経験になりましたよ。

 

あの女性があれでサラリーマンとしてお給料をもらっていると考えると、
日本の将来が不安になります。

 

 

仕事なめんなって感じです。
(あの女性は完全にこの仕事向いてないです。)

 

 

 

アパマンの悪いところを挙げてみると、

 

・なぜかパソコンで調べずに「書類で物件を管理する」という古いシステム。

 

・汚れているのに清掃済みと書かれたシールが張られている。

 

・女性の説明は意味が分からないし、回答になっていない。

 

・事前説明が全くなし。

 

 

半年ぐらいしかこの物件は借りませんが、
おそろくアパマンショップから二度と借りることはないでしょう。

 

 

あなたも事務所作る際はお気を付けを。

 

 

 

それでは。

 

 

 

PS

 

 

合鍵をお盆明けにお渡ししますよ。
という話だったのですが、

 

お盆明けになっても連絡が来ないで、
父が腹立って電話すると、

 

 

「あ、合鍵はなかったみたいです。」

 

はぁああああああああ???

 

 

といった事もありました。汗

 

 

「あのね。それであなたサラリーマンなの?ふざんけるのも大概にしなよ(怒)」

 

父、怒り爆発です。

 

 

まぁ合鍵なので支障はないんですが、
不動産でビジネスをするアパマンの態度は底辺と言わざるおえませんね。汗

 

 

とりあえず、父のサラリーマン魂は本物で、信念を聞けました。。
ああいったサラリーマンを父に持てて私は幸せです。
(↑無理やり感動系でオチを付けます。笑)

 


 
トップページ 初めて訪問された方へ ご意見・質問