魔法少女まどか・マギカの映画「叛逆の物語」を見て、めちゃくちゃ勉強ができる件についてww

魔法少女まどか・マギカの映画「叛逆の物語」を見て、めちゃくちゃ勉強ができる件についてww

 

 

最近公開された魔法少女まどか☆マギカ映画を見に
劇場まで足を運んできました。

 

 

内容は観てない人もいると思うのでともかくとして、
まどか☆マギカのお話ってすごくwebで仕事をするようなノマドワーカーがやる
「ビジネス」でとっても学べる部分があります

 

 

そもそも魔法少女まどか☆マギカって何?
って知らない場合ももちろんあるはずなので、軽く説明すると、

 

まぁ魔法少女の常識をぶっ壊した作品です。(←ん?よくわからないぞ。汗)

 

 

今まで「魔法少女」と言えばセーラームーンとか、
魔女っ子サリーちゃんとか最近だとプリキュアとか。

 

 

そういった女の子が魔法でかわいい服装をして魔法使って敵を倒す!的なノリでしたよね。
もちろん、まどマギの魔法少女も魔法使って変身して、戦うのは一緒です。
(仮面ライダーみたいに。)

 

けど全く違うのが、まどか☆マギカの主人公はアニメの最終話まで魔法少女とならず、

 

一切戦いません。

 

 

 

なのに、魔法少女と作品タイトルに付いていることから、
「良い意味で詐欺だわwww」てな感じで斬新な発想だと、
東日本大震災前後ぐらいの時期にとても話題になりました。

 

 

(東日本大震災でアニメの最終話が放送できず、数週間遅れた時に、
新聞の一面を飾った時もありましたね。)

 

 

 

 

 

 

そんな魔法少女まどか☆マギカですが、
どこがビジネスの学びになるのかというと、

 

 

概念」という考え方です。

 

 

まどか☆マギカの作中で良く「円環の理」とか「概念」と言った言葉が使われます。

 

どういう意味かというと、まどか☆マギカの世界では、

 

 

魔法少女が魔法を使いすぎると
代償としてその人は『悪魔』的な存在になってしまう。

 

 

という設定があります。

 

 

要は今まで頑張って敵と戦っていた女の子が、
魔法を使いすぎて、その「敵」に変貌してしまう。ってな感じです。

 

 

(この設定のおかげで鋼の錬金術師の人体錬成みたいな緊迫感が生まれてます。)

 

 

 

魔法少女は遅かれ早かれ、必ず敵になる。

 

 

こういった概念がそのまどか☆マギカという作品にあるわけです。

 

私たちの世界で例えると、コップは落とせば割れる。

 

 

みたいな感じですね。

 

 

コップは落とせば割れるって私たちは生まれた時から理解しています。
けれど、無重力の世界ではこの概念は通用しませんよね?

 

 

こんな感じで、「地球」と「宇宙」でも概念は違うし、
人間関係でも概念は違います。

 

 

 

学生時代に朝弁していた人にとっては、
「弁当は朝から食べるものだ!」
という概念です。

 

 

しかし、学生時代に普通に昼に弁当を食べていたら、
「弁当は昼に食べるものだよな!」
といった概念になります。

 

 

 

もしくは学校の朝・昼・部活終わりの3食食べている人からすれば、
「大食いしないやつは良い学園生活を送れない!」
と言い出すかもしれません。

 

(最後のは、ほとんど偏見のような気がしてしまいますが。汗 )

 

 

 

 

ちょっと弁当の例えは極端な考え方で「常識」という言葉と似通っていますが、
朝弁する人からすれば、真面目に弁当を昼、まで待つ!

 

 

といった考え方を自分からすることはまずないです。

 

だって、何年間もそういった生活をしてきたのに、
いきなり「朝弁をしちゃ人生はダメだ!」なんて言い出すとは思えないですよね?

 

 

これが人でいう概念かなと。

 

 

 

まどか☆マギカという作品はこういった世界や人には「概念」が存在するんだよ?
ってことを学ばせてくれる作品なんです。

 

(まぁ、意識して観ないとちょっと気が付きにくいですが。)

 

 

 

で、ここからが本題です。

 

 

魔法少女まどか☆マギカで「概念」が学べるのは分かったが、
どうビジネスと関係して来るのか?

 

 

って話なんですが、
さきほども言ったように、
人にも概念は存在するって常識がビジネスチャンスに変わるんですよ。

 

 

もっと分かりやすくいうと、朝弁する人に対して、
「1ヶ月、朝弁と昼弁を一緒に購入すると、3日間分の朝弁を無料でプレゼント!」

 

といったサービスを開始したとしましょう。

 

 

どうでしょう。

 

 

「学校行ったらまずは朝弁!」という考え方が概念として常識化してる人なら、
このサービスを受けることで、食費を節約することができますよね?

 

 

もちろん朝弁をしない人の方が多いので、
どれだけの需要があるのかはわかりませんが、

 

 

少なくとも、人、世界には「概念」がある。
こういった考え方でいると、無理なくアイディアが生まれてきます。

 

 

 

朝弁絶対!の人には、その考え方を肯定するビジネス。

 

朝・昼・部活終わりの3食食べる人には、
家から学校まで持ち歩くのは厳しいということで、学校まで直で配達してくれるサービス。

 

 

 

寝ながらゲームするのが当たり前だ!って人には、
ゲーム音を立体音に聞こえるようなサラウンドシステムや、
寝ながらモニターが見れる仕組みのあるベット。

 

 

 

などなど。
その私たちの概念からすれば「別にどうでもいいよ、そんなの。」
って感じですが、

 

 

人それぞれが概念を持ち、それにそって人間は生きている。

 

 

といったことを前提にして普段の生活を過ごせば、
自然とアイディアはふつふつと浮かびあがってきます。

 

 

アイディアはいきなりドカーンって出現するものではありません。
神出鬼没ではなく、そもそももうあるモノなのです。

 

 

それに気が付くかどうか。

 

 

これがビジネスを成功に導く考え方かなと。

 

 

もちろん私もやっている広告ビジネスでも、同じことが言えます。
というか、むしろこれありきな部分が大きいかな。

 

 

グーグルやヤフーなどで検索してサイトを閲覧する人って、
何かを思って検索するわけですよね?

 

 

じゃあ、その人がどういう概念で生きているのか?
予想できれば、簡単にアクセスを呼べるサイトやブログが出来上がるわけですよ。

 

 

そこに広告を載せれば、儲からないわけがありません。

 

 

これについては、広告ビジネスやアフィリエイトビジネスなど、
インターネットを使用したビジネス全般に言えることです。

 

 

例えば、このノウハウなんかはまさに、
人が無意識にそれに沿って行動してる「概念」から考えて作ったモノです。

 

○ゲームで遊ぶだけでお金稼げないかなー。↓
ゲームで遊ぶだけでお金を稼ぐことはできるのか?URL

 

○自然を作業用のBGMにするのは当然!と行った人に向けた広告ビジネスでの金儲け。とか。
女子高生の嫌う『自然』を録音するだけで、お金を稼ぐことはできるのか?

 

 

 

 

「概念」

 

 

 

これ自体は世界に在るモノ、全てに存在してます。

 

 

そこの所、魔法少女まどか☆マギカを注意深く見てみると
ぼんやりと、「概念」がどういったものか。

 

理解できてくると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、まどか☆マギカから学ぶビジネスに必要な概念を見つける!

 

ってことについてでした。

 

 

それでは、また!

 


 
トップページ 初めて訪問された方へ ご意見・質問