「学校の勉強ってやる意味あると思う?」的な質問をネットユーザーにしてみたwww

「学校の勉強ってやる意味あると思う?」的な質問をネットユーザーにしてみたwww

 

 

どうも。しらたきです。

 

 

このブログで、結構前にブログランキングというのに参加したんですが、
ランキング参加から、累計50人ほどの人たちがブログに舞い降りてくれました!
(舞い降りるってなんだよ。笑)

 

 

結果一度、一位にもなれました!
(結構うれしい。笑)

 

 

 

 

漫画家志望は、母が死んで、ノマドになった。

 

 

というのが響いてるんですかね。レスポンスがとれて面白いです。

 

 

 

今回記事にしたいのはそのブログランキングにある「投票機能」
を使ってみた感想をちょこっと書いていきたいと思います。

 

投票機能というのは、
好きに質問を考えて、見てくれた人など色々な人に投票してもらう。

 

といった言わばアンケートみたいなことが誰でもできます。

 

 

 

私も試しに「学校の勉強をする意味ってあると思う?」的な質問をしてみたところ、こんな結果になりました。

 

 

 

 

 

どうでしょう。
結構バラバラな感じでそれぞれ思うことがあるんだなーってわかりますね。

 

 

でも、一番多いのは「意味はあるけれど実用性に乏しい
って意見です。

 

 

勉強は大事そうだけど、どうやって使うのか分からない。
と思っている人達かいる。

 

 

逆にサラリーマンになるための教育機関でしょ?

 

って意見が2番目に多いですね。

 

 

もちろん私が選択肢を全て考えてやったので、
私自身は全部に一理あると思ってます。

 

 

学校で学ぶ意味はあるけど、実用性に乏しい、とか。

 

学ぶ姿勢は重要かもしれないが、意味は薄い、だったり、

 

高度経済成長以来まともに勉強の内容が変わってないんだけど。とかとか。

 

 

まぁ、投票する人がどんな風に思ってもらってもいいのですが、
今回このような投票機能をやってみて思ったのが、

 

 

理由はどうあれ、学校の勉強をする意味ってあるのか、ないのか。
この議論自体に凄く日本人は興味があるって部分なんです。

 

 

ブログランキングの投票機能を使い、アンケートを50個以上制作してみて、
一部除いて、この質問が一番人気でした。

 

どれだけ、学校の勉強に意味があるのか、ないのか
この議論に興味持ってる人多いんだって話です。

 

 

30件前後の投票数を獲得できるほどですからね。

 

 

実際問題、意味があるのか、
よくわからないで頑張ってるって現実がありますし。

 

 

それでも、みんなやっているしやらないと、教師に怒られるし。
のちのちサラリーマンになるかはわからないけど、
勉強しないとその選択権がなくなってしまう。

 

 

そのような気持ちでやられているのだと思うんです。

 

 

 

要はなーなーに学校を捉えているってことですね。

 

 

私も一時期悩んだことがありました。
しかし、そのようなことを思って頑張ってきた母が結局

 

「もっと自由に生きればよかった。」
と後悔を残し死んでいきました。

 

 

 

その人の人生はその人の人生ですが、
少なからず「みんなそうしてるからやってる。」だけは理由にしたくないと感じます。

 

 

なーなーで結局後悔して死んでいった母を見れば、
それが無駄なことなのか。

 

考えたくなくなります。
(いや、ちゃんと考えてますよ。)

 

 

他人がやってるからってやる。
これって、あなたである必要は別にないですよね?

 

 

私は自分の人生を生きたいし、
「仕事する」か「今日は休みにする」かどうかは、
自分で決められるような生活を送りたいですし。

 

 

 

だから私はそれができるwebを活用して広告収入を得て、
ノマドワーカーとして頑張っているところです。

 

(旅行したり、楽な状態でもありますが。苦笑)

 

 

と、ちょっと話がそれてしまいましたが、
要はブログランキングの投票機能のアンケートで、

 

 

学校の勉強 意味あるの?

 

 

が注目を浴びるほど、
自分たちのやってきたことを無駄にしたくないって気持ちが見える。
そういうことが分かる面白い試みになりました。

 

 

まぁ、そうですよね。

 

 

誰だって自分がやってきたことを「それ無駄だから。」って言われるのは、
腹が立ちますよね。

 

 

しかし、そこを大きな割合で主観ではなく、『客観的に見れる』か、どうか。

 

 

そこが自由で楽な日常を過ごしつつ収入が入る。
ような生活に関わってきます。

 

 

 

例えば、学校の勉強を立派にしてるだけでお金持ちになれるとすれば、
日本人の多くがお金持ちになれてますよね?

 

しかし現実は違う。

 

 

真っ当に学校生活を送って、
色々な人に褒められるぐらいの経歴であるのに、
自分は自由じゃなく、収入も至って普通。

 

 

それが日本人の現実であり、
それを肯定してしまうのもまた、日本人の現実ですね。

 

 

どこかで、学校では学ばない学問を学ぶ必要性は分かっていても、
それをして肯定してくれる人が少なすぎる。

 

 

だから、みんな普通に、正しく生きようとしてしまう。

 

 

なんだ。みんな普通に生きることが良いって言ってるし。このままで。

 

 

普通すぎるゆえに、ビジネスのアイディアは生まれない。
結果、普通の収入。

 

 

手取り30万前後。
8時間労働とちょっと残業をしてから30分〜1時間電車に乗って帰宅。

 

それから、パソコンなどでネットサーフィンをして、
風呂入って寝る。

 

 

 

といった感じの生活でしょうか。

 

 

 

このような生活が良い・悪いではなく、
おそらく、毎日1万文字以上の文章を書いている作家さんよりもあきらかに、
類まれな発想などは出てこないでしょう。
(確実にはわかりませんが。)

 

 

 

しかし、世界が必要とするのは、その類まれな発想の方です。

 

 

決して、マンネリ化した日常を送っている人の生活を観たい!
と言う人はなかなかいません。

 

 

 

需要があるのは、「共感できる珍しさ」です。

 

 

電車に乗っていたら、大和撫子な美女に会って付き合うことになったとか。

 

明日、部長をなぐってくるわww。とか。

 

どこの猫カフェ行っても、猫が俺を避けていく。涙。とか。

 

 

ちょっとしたことですが、
逆にこれらは「珍しいさ」があります。

 

 

3つの中で読んでみたくなっモノがあるはずです。
人は共感できる珍しさにひかれたりするので、

 

 

そこにビジネスチャンスは普通に転がっています。
(例えば上記の3つの場合、SNSで広まってアクセス集めて広告でマージンとるとか。)

 

 

 

日常から、バカなことをやってみてください。
そのネタはいずれあなたの財産となるでしょう。

 

 

 

と、今日はブログランキングの投票機能から
「学校の勉強って意味あると思う?」から、

 

人は「共感できる珍しさに惹かれる」といった話をしました。

 

 

 

当初この記事を考えた時の内容と結構変わっちゃったんですが、
けど、こっちの方が面白いんでこれはこれでありですね。

 

 

 

ではでは、また!


 
トップページ 初めて訪問された方へ ご意見・質問