あなたが一番最初にやるべきことについて

あなたが一番最初にやるべきことについて

 

 

広告収入(アフィリエイト)。仕組み。
漫画家になるための一番現実的な近道。ノマド漫画家。

 

 

これらを話してきましたが、
そのうえであなたは一番最初に一体何をすればいいのか?

 

 

そこのところをこのページでは話していきます。

 

 

 

 

 

漫画家に足りない部分を広告収入で補う

 

 

まず確認しておきたいのが、広告収入によるメリットです。
広告収入を得ることによるメリットが、現代の漫画家には全く足りず、
足りないからこそ「漫画家」が夢の職だと思われてしまう要因にもなっています。

 

再三になりますが、
そのメリットを一つ一つ確認していきましょう。

 

 

1つ目「時間を作れる」

 

 

漫画を書く人にとって時間は恐ろしく大事なポイントです。
というか、漫画を描く時間がなければ漫画家になることも、
漫画家としてのスキルを磨く時間すらないということです。

 

 

この場合の「時間」とは学校を卒業したら就職しないといけない
という日本の一般的な考え方に基づいた「猶予」のことです。

 

 

他人の目が日本は厳しいですからね。
ここも考慮しておく必要がでてきます。

 

 

時間的な猶予を作るには2つあり、

 

1つは学生という時間があり余っているうちに広告収入を安定させること

 

2つ目は社会人のプライベートから時間を算出して広告収入を形成します。
そして、本職を辞めることが出来る状態まで収入の仕組みを作り上げる

 

 

ここまでくればウェブデザイナーや広告仲介業として名乗れて、
他人からの目も心配なくなります。

 

 

広告収入は基本的に自動で収入が入ってくる「仕組み」を作ることですので、
必然的に「時間」を大きく手に入れることができるようになるのです。

 

 

だから漫画なんていくらでも描いていられるでしょう。

 

 

2つ目「モノを売れるスキルが養われる」

 

 

 

広告収入を真剣にやることで、
ビジネス全般に通じるスキルが身についてきます。

 

ビジネスとは漫画を売る場合にも必要となるスキルです。

 

基本的にどんなに面白い漫画が描けても、
多くの人に知ってもらったり、
興味のありそうな人に買ってもらわなければ、
リピーターが獲得できず漫画家として売り上げることは難しいでしょう。

 

しかし広告収入を月給として十分な額、手に入るようになれれば、
それはビジネス全般に通用するスキルが育ったと考えられます。

 

 

ネットで見込み客を集めるスキル、
売れる商品や売れない商品を見抜くスキル、
見やすいブログやサイトを作るスキル

 

面白い動画を作るスキル

 

他にも、漫画を個人で出版した時に、
売れやすくすることができるスキル

 

これらは広告収入をやっていれば自然に身についていきますが、
これらはそのまま他のビジネスにも応用できます。

 

 

実際、企業がやっている販売戦略も、
広告収入のやり方とあまり変わらないですからね
(もちろんかけているお金は違いますが)。

 

 

結局見込み客を集めて商品を売るという点では同じです。

 

 

下手をすると中小企業のマーケティング担当者よりも、
一人で稼いでいる個人事業主のほうがはるかに商品を売る力を持っていたりします。

 

最初はアフィリエイトからはじめて、情報販売、コンサルタント、
セミナー講師、ネットショップ、ホームページ作成代行、集客代行など、
次のビジネスへ繋げる方も多いです。

 

将来、自分の考えた漫画を世に出したいと考えている方も、
最初に広告収入で稼ぎながら、
マーケティングやコピーライティング(商品を売るための文章)などの、
「スキルが磨ける」という点がただの漫画家とは大きく違う利点です。

 

 

 

 

3つ目「収入の上限がない」

 

広告収入はお給料ではないので、
収入に上限がありません。

 

よって生活費を稼ぐだけでなく、娯楽を充実させることができます。
例えば私ならば旅行。一時期は月に3回〜4回ほど旅行に行ったりすることがありました。
それは旅行がマイブームになってしまい行きたくてしょうがなくなったためです。

 

ただ行きたくなっても私がサラリーマだったならば、
収入的に月に4回も旅行をするのは厳しかったでしょう。

 

広告収入のおかげです。

 

 

収入に上限がないことは娯楽を充実させることができる上に、
漫画家とって大きな意味があります。

 

 

それは漫画を描く上で必須な「人生経験」を大きくサポートしてくれるのです。

 

お金があれば、経験のために普段買わないものも買えます。
普段は買えない高価な物を買うことで、お金持ちの気持ちが分かり、
「ただの漫画家」とはまた違った作品を描くことができるでしょう。

 

 

 

高級宿。高級クルーズ。海外旅行などに行けば作品にその場を登場させられます。
キャバクラやホストに行って雰囲気を知ってみたり。

 

 

無駄に高級時計を買い、誰かにあげることでその
シチュエーションを知ることができます。

 

 

このように収入が増えれば、
経験値を大きく伸ばすことができるので、
ただの漫画家との差別化が容易になり自分で描いた漫画が売れやすくなるのです。

 

 

 

1つ目「時間を作れる」
2つ目「モノを売れるスキルが養われる」
3つ目「収入の上限がない」

 

 

 

以上の利点から、漫画家という名誉・漫画を出版するという欲求などを満たすために、
広告収入を得るフェイズは外せず、必ずやっていくべきなのです。

 

 

 

 

 

 

 

では、どんな広告収入をやればいい?

 

 

広告収入初心者ならば迷わず「YOUTUBEアドセンス」をお勧めします。
これはYOUTUBEに動画を投稿して収益化というボタンを押すだけで、
そこから収入を得ることができるというシステムのことです。

 

 

これで私も1チャンネルで40万円ほど得ています。

 

 

 

このYOUTUBEアドセンスは収入を簡単に通来ることが出来る以外に、
以下のような特徴があります。

 

 

<<メリット1>>「口コミスキルの向上が狙えること」

 

youtubeで収入を得られる状態というのは、
すなわち口コミの広がるような漫画を作れるということ。と同じだと言えます。

 

現代の集客は「口コミ」です。

 

 

人にシェアされるコンテンツが作れるかどうかは、
漫画でも動画でも音楽でもイラストでも同じです。

 

「これ面白くね?」
って友達に紹介したくなるものが一番売れます。

 

その技術は「ヒットする動画を作る」ことで十分養うことができるのです。

 

 

 

 

 

<<メリット2>>「どんな人でも割と簡単に収入を得られる。」

 

 

収入を得られるまでは個人差があるので何とも言えないのですが、
早い人で2ヶ月。遅い人でも半年頑張れば、
2万円〜数十万円は自動で収入として入ってくる仕組みが出来上がるでしょう。

 

 

動画などスマホとパソコンがあれば、簡単に作れてしまえるし、
作った動画が人気になり収入が発生するのだから、
これ以上初心者に見合ったビジネスモデルはおそらく存在しないでしょう。

 

 

それぐらい自信のある広告収入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告収入だけで十数万円の壁を超える方法

 

youtubeで数万円〜十数万円の収入ができたとしても、
それ以上の額をyoutubeだけで稼ぐとなるとちょっと厳しくなってきます。

 

私も一筋縄ではいかないでしょう。

 

 

そこでサイトの出番です。

 

 

今までyoutubeで動画をアップしてきました。
その動画はyoutubeからの検索で来たり、
検索エンジンからのアクセスが来たりと、ある程度露出が高くなっています。

 

再生回数が伸びている。
ということはそういうことです。

 

 

アクセスが多く来るほどのコンテンツだとグーグルなどが判断しているので、
ここを上手く使っていくのが一番の近道でしょう。

 

 

自分で投稿した動画をまとめたサイトを作って、
検索エンジンからのアクセスをさらに強固なものとします。

 

こうすることで、youtubeだけで収入を完結していたものが、
サイトからの広告収入とyoutubeの広告収入と2つの収入の柱が完成します。

 

しかも、サイトでもyoutubeの広告は表示され
クリックされれば収入はアップするので、

 

収入を伸ばす意味で2重の効果が見込めるのです。

 

 

実際に私もこうやって、月の収入を安定化させています。

 

 

素人がいきなり「趣味について語ったサイトを作ろう!」
と思ってもそうそう上手くいかないでしょう。

 

 

あらかじめyoutubeで結果が出てるものを使って記事を書けば、
当然ある程度の収入が入るのも約束されているようなものです。

 

 

自分の持っているものを最大限上手く使っていく。

 

 

これを意識してyoutubeでの広告収入レベルと、
それを生かしたサイトでの広告収入の仕組みを作っていってください。

 

 

 

あとはこれらを繰り返すだけです。
一度成功すれば2度目はもっと楽に作っていけるでしょう。

 

 

 

サイトを作るのはHTMLなどの知識が必要で難しいと感じる人もいますが、
私もHTMLに関してはほとんどわかりません。

 

しかしそんな素人でもこのSIRIUSというサイト作成ソフトを使えば、
余裕でこのブログの基盤を制作することができます。

 

慣れれば時間にしておよそ1時間ほどでしょうか。

 

 

サイトを作るという面では、
あなたにできないことはないので心配しなくて大丈夫です。

 

 

 

 

 

月給として十分な収入を確保した後は?

 

満足な収入を得られるようになったら、
漫画を描くのも良いし、ネームだけ書いて、
作画を外注さんにやってもらうこともできます。

 

 

私はそれを今年中に予定しています。

 

 

 

 

 

 

誰かに「いつまでにやりなさい!」などの締切も、
脅迫的なプレッシャーすらありません。

 

 

いつにどんな作品を出すのもあなたの自由です。
私も、漫画の出版を早く達成したいですが、
そこまで焦らずにやった方が良いものができると感じています。

 

ならば、急がずしかし着実に進めていくのが適切でしょう。
なんせそれができる環境を自分で作り出せているのです。

 

 

漫画家やイラストレーターのように、
作品で食べていっているわけではありません。

 

だからプレッシャーはないし、
編集者との間で、描きたい作品と求められる作品が違う。

 

などといった問題も起きません。

 

 

 

このフェイズまで来たら、もう後はあなたの自由。

 

 

自分好みの生活をしていきながら、
漫画を出版していくことができる。

 

 

私のように時間を使ってこのようなライフスタイルの情報発信をしてみてもいい。
で、のちのちは「ノマド漫画家」として一緒に何か作ってみるのも面白いかもしれません。

 

 

海外に行って、そこで漫画を描くこともできる。

 

取材に数か月かけても大丈夫。

 

ノマド漫画家になるまでの自分の人生を漫画にしてみるのもいいでしょう。

 

 

多くの選択肢があります。
でも、このような可能性が広告収入×漫画家にあると、なかなか気が付くことができない。

 

 

「時間」を軽視しがちな日本人だからこそ、
ノマド漫画家というのは盲点だったのかもしれない。

 

 

原因はなんにせよ、
今まで通りの「ただの漫画家」を目指していては相当な損なのがお分かりいただけると思います。

 

 

漫画家として漫画を描いていたら、
悩み過ぎて精神病にかかってしまう人もいるぐらいです。

 

 

悩むぐらいなら漫画が描ける「時間」を確保して、
のんびり漫画を描き出版していきたい。

 

例えあなたが10代だろうと20代だろうと、
いや40代以上だろうと関係ない。

 

 

何歳でも性別・学歴・資格に関係なくなれるのが、
ノマド漫画家の特権です。

 

 

そのなるために、あなたがまず最初にやるべきは、

 

youtubeアドセンスという動画広告による収入です。
収入を得ながら、漫画を売るためのスキルも同時に磨いていく。

 

まずはここを目指してやっていきましょう。

 

 

 

youtubeアドセンスによる広告収入のやり方を含め、
ノマド漫画家になるため都合の良い情報を提供する通信講座をやっています。

 

よければお付き合いください。

 

URL(工事中しばらくお待ちください。)

 

 

 

広告収入(アフィリエイト)とはなんぞや?

 

夢を叶えることと、広告収入を得ることは繋がるの?


 
トップページ 初めて訪問された方へ ご意見・質問