「芸大の同期が漫画家になれなかった話」 【漫画家志望の体験談】

「芸大の同期が漫画家になれなかった話」 【漫画家志望の体験談】

 

こんにちは、しらたきです。

 

 

ブログで漫画家さんならびに漫画家志望さんや
イラストレーターを経験したことのある方から、

 

体験談を募集しているのですが、
今日はその体験談でとても学びになることがあったので、
シェアしていきたいと思います。

 

 

 

※以下、現在進行形で芸大に通われている漫画家志望さんからの投稿になります。

 

-------------------------------------------------------------
HN:ゲンさん

 

どうも、初めましてゲンと申します。

 

今回は
夢に破れ退学してしまった同期Hの話を投稿させtもらいます。

 

 

 

私が芸大に入学して間もなかった頃、
Hとは履修している授業が同じでよく話すことがありました。
絵について、漫画について、将来について、語り合いました。

 

地方出身のHは、上京してアルバイトをしながら下宿している苦学生でした。

 

高校生の時、漫画家を夢見て絵の勉強を始めたばかりで
絵に関しても、漫画に関してもほぼ初心者、といった実力。
漫画やアニメに関しての知識も、
それ程詳しくなく同期との間で話が噛み合わないことも…。

 

 

漫画について勉強したいと思ったH、進学先を探すも
漫画の勉強ができる学校なんてどこも専門学校ばかりで諦めかけていたそうです。

 

そんな折に、某芸大で漫画について勉強できる学科がある、
そのことを知って藁にも縋る思いでこの大学に入学したそうです。

 

実際のところ、漫画について勉強できる大学はほんの数える程しかありません。

 

 

ですが漫画学科の授業内容は初心者には厳しいものでした。
何故なら授業内容はある程度絵が描けることを前提としたものであること、
そして周りの同期のほとんどが一定以上の実力を持っていたからです。

 

 

ほとんど初心者だったHは焦ります。

 

授業で出された課題を必死にこなしました。
やがて他の授業をサボっても課題にかかりきりになるようになりました。

 

必死に頑張って仕上げた課題でも、教授は残酷に添削します。
その側らでは実力のあるプロ並みの同期が教授に褒めちぎられているのです。

 

授業内で作品について教えてほしいことや見てほしいことがあっても、
当の教授は実力のある生徒ばかりを構って可愛がってしまいます。

 

最初のうちは頑張っていたHでしたが、後期になると授業に出ても寝ているばかりで
授業中に作品を描かず、家に持ち帰るようになり、
不真面目になっていくHと教授との関係は悪化していき
授業内で作品について質問することもなくなりました。

 

 

話しかけても上の空で、バイトが忙しいから構うな、
疲れているから寝かせてくれ…と。
そんなHに周りの同期も愛想を尽かせて離れていきました。

 

 

年度末には進級課題が出ます。
これを仕上げなければ先へは進めません。

 

課題内容や締切期限についてのメールを送っても返信がなく、
いつしかHは授業に顔を見せなくなりました。

 

 

そして後期が終わり、休みが明け、新年度の前期授業が始まった時、
出席点呼でHの名前が呼ばれることはありませんでした。
教授に聞いたところ、退学した、とだけ聞かされました。

 

唯一の連絡手段だったメールはエラーで届かなくなり、
Hがどこで何をしているか分からなくなりました。

 

 

 

 

以上です。

 

-------------------------------------------------------------

 

 

ゲンさんありがとうございます。

 

 

Hさんのように高校生からまともに絵を描いていなかったけど、
漫画家を目指すというのは、別段変な話ではありません。

 

私が高校1年生の頃に通っていた専門学校では、
男子校の教師の方が休日の土曜日を利用して専門学校に登校。

 

頑張って漫画を描いていらっしゃいました。

 

 

しかし、専門学校のイベントで学校内の雑誌に生徒の作品を載せる。
というイベントがあり、生徒は3か月で漫画を仕上げなければいけませんでした。

 

 

私は通信制に通いながらで、漫画を描く時間をあえて作っていたため、
ギリギリ締切に間に合いましたが、男子校の教師をやられている方は、
当然教師としての仕事があるため、締切に間に合わない。

 

 

結果その方は一度も完成原稿として雑誌に漫画を載せることはありませんでした。

 

 

 

今は、漫画家を目指しているかどうかもわかりません。

 

 

そういう意味でゲンさんの同期Hさんと似ている境遇だなと感じたのですが、
ゲンさんの同期Hさん、男子校の教師の方。この2人に通じているのは、
お互い漫画を描く時間が圧倒的に足りていなかったという部分です。

 

 

 

その人たちに漫画家としての才能があったかどうかは私にはわかりませんが、
男子校の教師の方は、私よりも絵が上手でした。

 

 

「萌え絵」としては悪くないし、
もっとコマ割りに気を配ったりやファンタジーストーリーばかり描くという風に、
縛らなければ良い線いったと思います。

 

 

もちろん練習する時間あっての話です。

 

 

 

多くの漫画家志望さんや漫画家さんは、
絵の上達や魅力的なキャラ、ストーリーを描くことよりも、
まずは「漫画を描く時間を作る」ここを考えるべきだと感じます。

 

 

でなければ、スキルの上達は100パーセントありえません。
1日2時間〜4時間程度の時間しかなければ、
やれることなんてたかが知れています。

 

 

まずは漫画を描くに十分な時間が得られる生活を実現。
その後で徐々に、自分に足りないスキルを上達させていけばいいわけです。

 

 

漫画家に必要なのはスキルや才能以上に、
漫画を描く時間なのだと身に染みてわかる体験談でした。

 

ゲンさんありがとうございました。


 
トップページ 初めて訪問された方へ ご意見・質問