忍者漫画NARUTOの影分身の術から学ぶ広告ビジネスの仕組み

忍者漫画NARUTOの影分身の術から学ぶ広告ビジネスの仕組み

 

 

 

今日は私が普段どうやってビジネスや思考の勉強しているのか。
それについて話していきたいと思います。

 

 

ビジネスと聞くと難しいイメージを持ちやすいですが、
思っているほど難しくもなく、

 

 

分かればマンガで例えることが普通にできます。
(というか、私の場合はそっちの方が簡単かもしれない。)

 

 

普段、私がビジネスや思考についてどこから勉強しているのかと言えば、
マンガやドラマなどのサブカルチャーが基本です。苦笑

 

 

これを一般の人に話すと、
「遊んでるだけじゃん!」
って言われます汗。

 

 

でもホントに勉強できるんですよ、マンガから。

 

 

そもそもマンガやドラマって、
ストーリーの作り方を学んだ人が何十時間もかけて
作るものです。

 

編集さんと何度も顔を合わせてアイディアを練りこんで、
そのうえで印刷するお金などを投資して、莫大な人が動きます。

 

 

もちろん、アニメなどにされたらもっとお金も人も時間もかかります。

 

 

そんな大の大人たちがせっせと頑張って作るモノです。
「娯楽の読物」として見るだけではすごくもったいないんです。

 

 

私も漫画家を夢見ていた一人で、専門学校まで行き、
編集者にマンガをみせたりしてたのでわかるのですが、

 

めちくちゃマンガは考えられて作られています。

 

 

 

例えば、その技術の一つに「逆Z」というのがあります。
(この呼び方は私が勝手に言ってるだけです。)

 

これは、マンガを読む際に人がする視線の流れのことで、
その流れにそって読むと一番読みやすいとされてまます。

 

 

ナルトで言えばこんな感じ。↓

 

 

 

 

こんな技術があのパラパラめくっているだけのマンガに多く隠されています。

 

上げようと思えばきりがないです。

 

 

興味があれば勉強がてら探してみてください。

 

 

 

 

 

と、今日話したいのはそれではなく、

 

私がビジネスをマンガから学んでいるということで、
忍者漫画のナルトから広告ビジネスについて学んだ件について
話していこうと思います。

 

 

忍者マンガのNARUTO(ナルト)はいわずもがなですが、

 

 

そのナルトは影分身の術という自分のコピーを作り出す技を使います。
その自分のコピーである影分身に何をさせるかといえば、

 

 

敵地への潜入捜査。
自分の代わりに修行をしてもらう。
自分の代わりに陽動になってもらったり戦ってもらったり。

 

 

など、自分は別のことをしてても、
影分身が仕事をしてくれている状態を作り出しています。

 

 

(あ、影分身の術がよくわからなかったらこちらの動画をご覧ください。)

 

 

 

 

1人いればオリジナルと合わせて2人分仕事ができる。
10人いればオリジナルと合わせて11人分の仕事ができる。

 

100人いれば101人分の仕事ができる。

 

これは全て、1人が作り出した自動労働システムとも呼ぶべき、
最高の術なんです。

 

 

影分身の術をしているナルトを小さいころから観てきて、
「自分もこれできないかなー。」
ってずっと憧れてました。

 

(似た経験があるかもしれませんね。)

 

 

 

 

そして、電子書籍や本を読んだり、
ビジネスセミナーに参加したりで広告ビジネスを知った頃。

 

 

ナルトの影分身の術をインターネットなら似たようなことができる。
と感じたのです。

 

 

さまざまな所にある「広告」
ブログやサイト、youtube、ニコニコ動画、FacebookなどのSNSなど。

 

 

本当にいろいろな所に広告はあります。

 

 

これらがその広告の一例です。↓
<広告の実例画像を3つくらい>

 

(というか逆にネットで広告を載せてない媒体なんてあるのか疑問です。汗)

 

 

広告こそナルトの影分身の術を再現できる手法で、
例えば、サイトを作ってそこに広告を載せれば、
実質本人はその作業だけで収益をあげられることになります。

 

 

それってサイトが影分身となり、
本人の代わりに働いてくれているも同然だと思いませんか。

 

(厳密には時々記事を更新したりしないといけませんが、
それでも会社勤めの労働と比べたら8時間も会社に拘束なんてことはありません。)

 

 

サイトなどに広告を載せ収益をあげることで、
本来、自分が働くはずの時給分をサイトが稼いでくれるのです。

 

 

 

私がビジネスの勉強をし始めた時に、
広告ビジネスがナルトの「影分身の術」の考え方と似ていたため、
すごく頭に入りやすかったんです。

 

 

そのため、私自身はこの広告ビジネスの特徴である

 

本人は働かざるとも、サイトなどが代わりに働いてくれる状態
これを「影分身システム」と呼んでいます。

 

 

 

この影分身システムのメリットは、

 

本来サラリーマンをしていると、会社に拘束され、
休日も設定されてしまうところですが、

 

サイトなどに載せる広告で収益をあげらていれば
その時間をまるまる確保できるため、

 

 

雪だるま式にどんどん収入を増やすことができるのです。

 

まずはこれが最大のメリットです。

 

 

 

もちろん時間を大幅に確保できることから、
その時間でストレス発散の意味を込めて沢山遊ぶことができます。

 

旅行したり、カラオケいったり、麻雀やったり、
読書したり、ドライブいったり、ゲームしたり。

 

(私は麻雀はしません。汗)

 

 

しかも、時間を拘束されていないくせに、
収益は上がるためそのお金で投資することだってできます。

 

投資というのはFXや株投資のことではなく、
『知識』や『体験』に投資って意味の投資です。

 

 

簡単に言えば、本や電子書籍を買って
もっと学習するって感じです。

 

 

「えー自由っぽいのに勉強かよ。」
って思われるかもですが、

 

 

結局はビジネスを試行錯誤する力を鍛えて、
自分の頭で商売を行います。

 

 

いかにアイディアを作り、構想するか。
マネタイズ(価値をお金に変えること)をどこで取るか?

 

 

それらを考えるのは他人ではなく、
自分の頭です。自分の頭がお金を呼び、自由な生活を呼びます。

 

 

だから鍛えるのです。

 

 

サイトなどに広告を載せて収益をあげて、
影分身システムとして機能していて、

 

 

お金も時間もあるのですから、
どんどん自分の成長にお金を使っていきます。

 

 

私がよく旅行に行くのもその理由です。
(新しい土地に行くと単純に視野が広まりますからね。)

 

 

ナルトが影分身の術で影分身を作り出して行っていることに「修行」がありますよね。

 

 

特に風遁・螺旋手裏剣という超大技を覚える時は、
1000人の影分身をして、1000人も修行をしているのです。

 

 

せっかく、1000人も影分身したんだから、
本人は遊べばいいのにって思うかもしれません。

 

 

 

でも、今まで以上に強い敵と戦い倒さなきゃいけない。
そうなったらもっと強くならないといけなわけですよね。

 

 

 

だから、修行して影分身してもなお自分も強くなろうとするんです。

 

 

 

これはまさに私がサイトを作り広告を載せ、
収益をあげていてもなお私自身が勉強し学んでいるのと同じ原理です。

 

 

もっと強いやつを倒さなきゃいけないんです。(笑)

 

 

もっと高いレベルの自由と、
いずれ自分のマンガを世に出すという目標のため、
やっぱり本人ももっと影分身システムを構築したり、

 

 

学習(修行)するのは必要だと感じてます。

 

 

ここもナルトから学んだことですね。
現状に満足しないってことです。

 

 

もっともっと目標を達成するために『お金』と『時間』を確保し、修行を沢山する。
手にするお金の額でもなく、いかに仕事をしないかでもない。

 

 

 

学習するために影分身を私はするのです。

 

 

 

じゃあ今日のまとめです。

 

サイトなどに広告を載せ収益をあげることで、
本来、自分が働く時給分をサイトが稼いでくれるため、
本人は働かざるして『時間』を確保する事が出来る。

 

 

これを私はナルトの影分身の考え方と似ているため「影分身システム」と呼んでいる。

 

 

って話と、

 

 

影分身システムを構築して『時間』を確保する最大の意味は、
『知識』と『体験』に投資し学習する時間を設けるため。

 

 

ってことの2点をお話しました。

 

 

 

ノマドワーカーってライフスタイルが出来たのも、
インターネットのおかげで、広告ビジネスが一般人でも容易にできようになった。

 

これが背景にあります。

 

 

 

是非、広告ビジネスを学んでみてください。

 

 

私もそのうち、『広告ビジネス』について講座でもやってみようかと考えてます。
いつになるかわかりませんが。汗

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

----関連記事-----

 

 

鋼の錬金術師から学ぶ 「ビジネス(等価交換)」 とは何か? ただ漫画を読むだけじゃ分からない!

 

「黒子のバスケ」の青峰から学ぶ それぞれのお金の「稼ぎ方」

 

 

ゲームで遊ぶだけでお金を稼ぐことはできるのか?

 

何の取り柄もない人が動画をyoutubeにアップして、2万円稼ぐことはできるのか?

 

女子高生の嫌う『自然』を録音するだけで、お金を稼ぐことはできるのか?

 

 

 

 


 
トップページ 初めて訪問された方へ ご意見・質問